menu

土地探しのポイント POINTS OF LOOKING FOR LAND

理想的な土地を選びのために必要な知識とは?

間取りやデザインなど、マイホームの良し悪しを決める要素はいくつもありますが、
どんな土地に建てるかという点もそれ以上に大切なポイントです。
すでに、建築用地を取得済みという場合は別にして、そうでないなら、まず土地探しから始めましょう。

そこで、こちらでは大村市で注文住宅による新築一戸建てを手がける工務店
「ロイヤルハウス長崎県央店」が理想的な土地を選ぶポイントについて解説します。

理想的な土地を選びのために必要な知識とは?

何を最優先して選ぶかは人それぞれですWHAT TO CHOOSE FIRST

まず考えなければならないことは、日照や風通し、道路付け、法的規制、ライフラインなど家を建てるための基本的な条件が整っていること。
もちろん、それだけでは“決め手”にはなりません。やはり、そこに家を構える方、ご家族のご要望や、将来設計にフィットした土地でなくてはならないでしょう。

たとえば、何を最優先するか。自然環境に恵まれ子育てに最適なエリアにある土地なのか、交通アクセスがよく商業施設、公共施設、病院などが近隣に点在し、生活利便性に富んだ環境なのかといったことでも、選ぶポイントは大きく変わってきます。ロイヤルハウス長崎県央店では、お客様との詳細なお打ち合わせ、ヒアリングを徹底し、さまざまな角度から理想と思える土地を探し出し、ご提案することができます。

土地探しのポイントとはPOINTS OF FUND PLANNING

[POINT1]広さや形状、日照や風通し、周辺環境などさまざまな条件を勘案

まず狭い土地や変形した土地はできるだけ避けたいところ。極端なケースでは家が建てられないこともあるからです。ただ、設計力のある工務店なら、そうした土地の狭さ、形状を逆手に取ってむしろ暮らしやすく、オリジナリティに富んだ家を建てることも可能です。
また、道路付けや日照といった基本的な条件や、下水道や都市ガスなどライフラインがよく整備されているエリアで土地を選ぶことも大切です。

そして、これは一般の方にはなかなか判断が付きにくいことですが、土地によっては法的規制で家そのものが建てられない、あるいは建てることができても大きく制限されるようなケースもあるので、この辺りもしっかり押さえておきましょう。

[POINT2]10年後、20年後を考えて土地を選ぶ

土地の広さや形状はよほどのことがない限り、半永久的に変わりません。しかし、そこで生活を営む家族のライフスタイルは歳月が経つにしたがって大きく変化します。当初は交通の便がよいことに満足していても、定年退職を迎え自宅での生活が大半になると、もっと静かでゆったりと暮らせる環境が欲しくなるものです。
また、反対に子どもが小さなうちは自然環境の豊かな郊外で暮らすのがベストだと思っていても、高齢になると今度はもっと便利な環境がよく思えるようになることもあります。どちらがよりよい選択かは人それぞれですが、大切なのは10年後、20年後に訪れるこうした“変化”を見据えたうえで土地を吟味することだと言えるでしょう。

土地探しのご相談もロイヤルハウス長崎県央店へLAND SEARCH

とはいえ、不動産業者でもない一般の方にとって最適な土地を選ぶ、探すのはとても難しいことです。前述したポイントを押さえていたとしても、それだけでは見極められない場合も往々にしてあるからです。

ロイヤルハウス長崎県央店なら、お客様のご要望、将来展望をふさわしい土地をあらゆる角度から吟味し、ご提案できるので、土地探しに不安があるという方はぜひご相談ください。しっかりと現地調査を実施したうえで、周辺環境や法的規制の有無についても徹底してお調べいたします。また、お客様が狭小地や変形地をお選びになったとしても、当店ならその確かな設計力で、土地の広さ、形状を生かした家づくりが可能です。

電話お問い合わせ